紀州梅干の専門店 梅いちばん 初めての方サイトマップ買い物カゴの中身マイページヘルプ
 
トップ会社概要商品一覧支払方法送料メールマガジンプレゼントお問い合わせ

上品という言葉が似合う梅干

特集

梅干お試しセット


商品カテゴリ
紀州梅干
紀州梅干
家庭用梅干
家庭用梅干
梅肉エキス
梅肉エキス
梅のデザート
梅のデザート
梅酒
梅酒
梅製品
梅製品
特選ギフト
特選ギフト
紀州特産品
紀州特産品
海の恵み
海の恵み
山の恵み
山の恵み
健康食品
健康食品
紀州備長炭
紀州備長炭


よくある質問

梅干しについて
梅肉エキスについて
保存方法について
ご注文について
発送について
お支払方法について
のし紙について


梅料理レシピ

ショッピングカートの使い方
 
梅いちばんトップ梅の大辞典梅の四季

梅の四季


梅っていつ花が咲いて、いつ実をつけるか知ってますか?
ここでは梅の四季についてお話しますね。

梅の開花

桜の開花を告げる「桜前線」があるのと同じように、「梅前線」なるものがあります。南北に長い日本列島では「梅前線」は1月下旬から5月上旬までゆっくりと約3ヶ月かけて北上していきます。

ここみなべ町の「南部梅林」では、1月下旬から2月上旬に花が咲き始め、2月も中旬になると山一面に南高梅の白い花が甘酸っぱいほのかな香りを漂わせながら咲きます。まだ寒い時期に梅の花はたくましく咲き誇り、いち早く春の訪れを知らせてくれるんですよ。

毎年梅の一年はこの開花とともに始まるのです。
というのも、この時期がその年の梅の収穫量を決める大切な時期だからです。
梅は結実するためには他家受粉、いわゆる違う品種の花粉をもらう必要があります。そのため、実梅の周りには同じ時期に花が咲き、花粉が多くて相性のよい受粉樹を植えてます。受粉はミツバチなどの訪花昆虫の活動の他に人の手による人工受粉も行われています。確実に実をつけてもらうために、梅林にはミツバチが放たれます。


ミツバチたちは、よく晴れた日というだけでは働いてくれません。気温が12度以上、風速が3m以下のという環境のであれば活発に活動してくれるんです。いくらこの条件を満たしていても、設置場所を誤ると活動してくれません。ミツバチの巣箱を置く立地条件としては寒い冬の季節風があたらない南側の傾斜斜面がいいとされています。

この時期、寒い日が続くとミツバチたちが活発に活動しなくなるため、その年の収穫に大きく影響するのです。まさに、ミツバチさまさまですね。


青梅の収穫

花もすっかりと散ってしまった梅の木は休む間もなく小さな実をつけます。
3月から5月にかけて徐々に暖かくなる日の光をいっぱい浴びながら、梅の実は少しずつ大きく成長していきます。

花の咲く頃はミツバチに任せておいた梅の木ですが、今度はそうはいきません。
本格的な収穫の時期を迎える前にやっておくことがあります。作業をやり易くするためと大切な養分を奪われないように梅畑の草刈りをしたり、大きな実をつけてもらうために肥料をやったりします。もちろん愛情もたっぷり注ぎます。
いよいよ収穫の時期。
6月に入ってから梅の実は益々大きくなり、その際、果汁のクエン酸や甘味も増します。枝にたわわに実った梅たちは、収穫してくれるのを待ち望んでいるかのように見えます。ここみなべ町の代表的な梅、南高梅は日の当たる部分が鮮やかな紅色に染まります。やがて、完熟した南高梅はやわらかくなって、木から落ちます。まさに、この状態の梅があの「果肉たっぷりで皮が薄い」という南高梅の特徴を発揮できる最高の状態、木成完熟の状態なのです。

みなべ町ではこうして収穫された梅の6割が梅干し用に使われています。


梅の木の剪定

剪定(せんてい)とは、いわゆる梅の木の散髪です。
伸ばしたい放題だと、落葉高木(らくようこうぼく)の梅の木は6〜10mにも成長します。そうすると、植物にとって大切な太陽の恵みが行き届かなくなってしまいます。

剪定時期はだいたい10月から冬が訪れる前に行います。梅は前の年に伸びた枝に開花するので、新しい枝を伸ばしてもらうために剪定はとても大事な仕事なのです。梅の実は前の年の貯蔵養分で育ちます。

養分を多くするためにはこの剪定が大切な役割を果たしているのです。
また、その木の寿命にまで影響する大切な仕事なんですよ。



梅の木の休眠

葉っぱもすっかり落ちた梅の木たちは、開花に備えてつかの間の眠りにつきます。
だれよりも早くみんなに春を伝えたい。そうどこからか声が聞こえてきそうですね。




クレジットと代金引換、銀行振込の3つの中からお選びいただけます。
クレジット・代金引換手数料は弊社が負担
いたします。(弊社ご利用分)
銀行振込手数料はお客様のご負担となります。(前払い)
詳しくはこちら>>
 
1ヵ所につき1万円以上送料無料
(送料込み商品・海外は除く)
1ヵ所につき1万円未満は

  1900円未満 1900円以上
北海道・沖縄 700円 500円
その他 500円 300円
詳しくはこちら>>
 

株式会社 梅一番井口

〒645-0027
和歌山県日高郡みなべ町西本庄1224

TEL: 0120-197-832
  0739-74-3355
FAX: 0120-319-515
  0739-74-3517

基本的に午後3時までの注文は翌営業日に発送させていただきます。
(ただし、銀行振込の場合や配達日指定ある場合、ギフトシーズンは除く。)
詳しくはこちら>>

お客様とのやり取りの中で得た個人情報を法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。どうぞ安心してご利用下さい。
詳しくはこちら>>


紀州梅干(南高梅) | 家庭用梅干 | 梅肉エキス | 梅のデザート | 梅酒 | 梅製品

特選ギフト | 紀州特産品 | 海の恵み | 山の恵み | 健康食品 | 紀州備長炭
Copyright (c) 1996-2017. UmeichibanIguchi Corporation. All Rights Reserved.